やまかん日記

小学校

あの日から1年が過ぎて…

東日本大震災から1年が経ちました。これまで,本当に多くの,全国の皆様,仲間,まだお会いしたことのない方などからも,心温まるメッセージをいただいたことに感謝しています。地域によって差は大きいですが,私の周囲は何とか,“普通の生活”に向かって戻りつつあります。

 昨日は,勤務校がある仙台市若林区の六郷地区で慰霊塔の建立がありました。会場は,隣の地区の東六郷小学校のあるエリアで行われました。道路の復旧などは進んでいますが,久しぶりに行った東六郷小学校は,ほとんど手つかずの感じでした。津波の被害の大きさを再認識しました。ほんの目と鼻の先の距離なのですが…。

 今日も各地で慰霊祭が行われたり,警察による捜索活動が行われたりしていました。

あの時間に「黙祷」をしながら,昨年の今日のことを振り返っていると,自然に目頭が熱くなりました。ただ,くじけずにやってこられたのは,皆様方からの励ましのおかげだと思っています。本当にありがとうございます。

 これまでの取材などで振り返った記録や,今後増えることが予測される「心のケア」の対応についいてまとめたものを掲載していただきました。もしよろしければご覧下さい。↓

 

http://family.shogakukan.co.jp/teachers/education/sp/kyoushino-tikara/vol02.html

震災と学校現場 復興1年の記録

http://www.shogakukan.co.jp/magazines/detail/_sbook_0300204112

 

緊急特別連載 やまかん先生の東北復興かわら版