読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまかん日記

小学校

児童心理2017年4月号が発刊になっています。

f:id:yamakan-sendai:20170404221527j:plain

児童心理2017年4月号が発刊になっています。
今回の私のテーマは, ◆子どもと一緒にパワーのある学級をつくる
  四月の出会いを楽しもう 八巻寛治 興味のある方ぜひどうぞ!
http://www.kanekoshobo.co.jp/book/b281118.html
児童心理2017年4月号  パワーのある学級をつくる
新年度、子どもたちが安心して過ごせる学級にしたいものです。
子どもと先生が楽しみながら自分たちの学級生活をスタートするために、
学級づくりをどうしたらよいか、考えます。

四月の教室風景――子どもも教師も楽しみなスタート   小林正幸
子どものエネルギーを引き出す――パワフルな新学年のスタート   秋田喜代美
  ◆パワーのある学級とは?――私の提案  
   「資質・能力」が育つ学級   河村茂雄
    活動力ある子どもを育てる   松永裕子
  三つのバランスに配慮した学級経営で、自分の得意技を発揮しよう!   田中博之
◆担任が四月に考えたいこと
 子どもに「好かれたい願い」を大切にする   藪添隆一
  集団が苦手な子への配慮とかかわり   松尾直博
  「活きる学級経営プラン」をたてる
  ―― 一年を通して完成させる「学級づくりマップ」   藤原寿幸
◆発達段階に応じた学級集団づくり 
  低学年:自己中心性を受け止める
     教師のかかわりから学級集団づくりへ   宮内有加
  中学年:一人一人に役割を与えよう   吉田佳代
  高学年:みんなでよりよい知恵を出し合おう   広山隆行
◆子どもと一緒にパワーのある学級をつくる
 四月の出会いを楽しもう   八巻寛治
  自分の学級が大好きになる学級集会の創造
   ――「六年一組で本当によかった。みんな! 最高!」   佐生秀之
  子ども達のアイディアで楽しい係活動   三浦晴代
  新一年生の保護者の心理
   ――保護者が抱く不安と学校としての取組   佐藤政美
  自分を変えたいと願う子どものこころ
  ――この時期の不適応感への援助   石川悦子
◆改めて学級の意味を問う
 日本の学級制度はどのようにつくられたのか
  ――寺子屋から近代学校まで   安藤知子
  学級革命(小西健二郎)の示唆するもの   園田雅春
  アメリカにおける「学級」
   ――規律・訓練から、コミュニティ・文化の創造へ   白松 賢
  秩序の中に自由を認める学級をつくる
  ――米国に見る学級担任の仕事   木原美妃
  新学期の多忙とがんばり過ぎからバーンアウトしないために   新井 肇
 【連載】
   子どものLGBTについての理解と関わり  最終回
   大人にできること   石丸径一郎
  学校外の子どもの今〈「子ども食堂」がつなぐもの〉③            
   「子ども食堂」から「日本語ママパパ勉強会」登場   栗林知絵子
  窓        枡野浩一
  教室のスケッチ  小野健太郎
    今月の本棚
   『子どもとお金』/評者・麻生 武
   『災害に備える心理教育』/評者・冨永良喜
  編集後記   有村久春 

 《やまかん・こんなことやってます》
 明治図書関連↓
http://www.meijitosho.co.jp/eduzine/cskill/?id=20130191
http://www.meijitosho.co.jp/eduzine/interview/?id=20100296
小学館関連↓
http://www.shogakukan.co.jp/yomi/author/_author_6821
アマゾンさん↓
http://www.amazon.co.jp/s/ref=sr_pg_1?rh=n%3A465392%2Cp_27%3A%E5%85%AB%E5%B7%BB+%E5%AF%9B%E6%B2%BB&ie=UTF8&qid